本文へ移動
高気密・高断熱住宅!

スタッフブログ

今回も気密測定はC値=0.1台 良い結果がでました!
2020-11-04
秋晴れの空とすすきの丘
こんにちは。安藤です。
 
朝晩寒くなりましたね。
 
 
先日、すすきがとてもきれいな高原に行ってきました。
 
すすきはそのへんに生えている草というイメージしかなかったのですが、
 
山一面が覆われるとこんなにきれいなんですね。
 
次はどこかに紅葉を楽しみに行きたいです。
 
 
 
 
 
 
新築 高気密高断熱 全館空調 気密測定 香川県 住まいる館
気密測定中の様子
先週、高松市のN様邸にて気密測定がありました。
 
今回はお施主様も立ち合いで測定しました。
 
 
結果は、今回もC値=0.1台のとてもよい結果がでました。
 
これで安心して次の工事に進めます。
 
 
気密測定は写真の器具で室内の空気を抜いていって測定をします。
 
その際、隙間があるような部分に手をかざすと風を感じます。
 
 
引違い窓のめし合わせ部分に手をかざすとやはりかすかに風を感じました。
 
すべり出し窓や勝手口ではそのような風を感じることがありませんでした。
 
 
引違いの窓はすべり出し窓など他の窓に比べると、
 
めし合わせ部分の気密性がどうしても弱くなります。
 
そのため、引違い窓は必要最低限で提案するようにしています。
 
カタログの数字や知識として知っているというのと、
 
実際に測定の際に隙間風を感じてやっぱりそうなんだ!と思うのとは
 
実感度合も違いますね。
 
 
でも引違い窓があってもC値は0.1台がでているし、
 
生活上はやはり引違い窓が便利な場面はたくさんあると思います。
 
よいC値を出す競争をしているわけではないので、
 
気密性と利便性とを考えてバランスよく提案していきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
新築工事中 吹き抜け 石膏ボード 大工工事 高松市 住まいる館
リビングに吹き抜けのあるN様邸
N様邸は、リビング上部に大きな吹き抜けがあります。
 
気密測定も終わったのでこれから大工工事も
 
スピードアップで進んで行きそうです。
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 

 

 
TOPへ戻る