本文へ移動
高気密・高断熱住宅!

スタッフブログ

全館空調の家「さわぽか」の建築現場にて ダブル断熱とは?
2019-10-01
こんにちは。安藤です。
 
今日から10月!消費税がついに10%になりましたね!
 
そして、10月なのに気温30℃ってどういうこと?という暑さですね。
 
 
 
 
ここ最近はさわぽかの現場がどんどん進んでおります。
 
 
 
三木町M様邸。
 
外部がほぼできてきました!!
 
黒のガルバと木目の組み合わせがよいです!
 
内部は断熱工事が終わりました。
 
内部の断熱は現場吹き付けの発砲ウレタンを使用しています。
 
下写真の白いモコモコのものが断熱材です。
 
屋根面はたっぷり20センチも吹きます。
 
これがダブル断熱の一つ目の断熱です。
 
 
 
M様邸は、先週末にお施主様と現場で電気配線の打ち合わせをしたので
 
今現場は電気配線と大工工事が平行して進んでいます。
 
 
 
外観 新築 ガルバリウム サイディング さわぽか 全館空調 建築現場 施工事例 住まいる館
M様邸外観です。外回りはもうすぐ完成です!!
吹き付け断熱 高気密高断熱 屋根断熱 新築 建築現場
屋根の断熱材です。白い雪が積もったみたいでアート作品みたいにも見えるような気がしませんか?
外張り断熱材 ダブル断熱 建築現場 住まいる館 断熱工事
写真のピンクに部分が外張り断熱材です
 
 
 
 
 
坂出市O様邸のさわぽかの現場も断熱工事が進んでいます。
 
 
外部には外張り断熱材が見えていました。
 
右写真の上部ピンク色のものが外張り断熱材です。
 
これが、ダブル断熱の二つ目の断熱材です!
 
 
燃えにくいフェノールフォームという素材でできています。
 
ピンク色の上に貼っている白いシートは防水シートです。
 
雨に濡らさないように、外張り断熱材を貼ったらすぐ防水シートを貼ります。
 
 
 
どうしてダブル断熱が必要なの?
 
とお思いかもしれませんが、それは二つの違う方法の断熱材を使うことでよいことがあるからです。
 
 
一つ目の内部の断熱材は施工と同時に柱、梁、構造面材にぴったりくっつくので気密がとてもとりやすいです。
 
でも、柱や梁がある部分には施工できません。
 
木材にもある程度の断熱効果があるのでダメではないのですが、、、
 
 
その部分を補ってくれるのが二つ目の外張り断熱材です。
 
これは柱や梁があるのも関係なく外周をすっぽりとくるみます。
 
 
この組み合わせのダブル断熱でさわぽかの断熱性能のUA=0.33になっています。
 
 
 
 
 
O様邸も内部は吹き付け断熱工事が終わりました。
 
外部は塗り壁仕上げの予定なのでこれからその下地工事が始まります。
外観 工事中 新築 施工事例 住まいる館
O様邸の外部。全体的に防水シートの状態です
断熱 発砲ウレタン 高気密高断熱 住まいる館
内部の発砲ウレタン断熱材です
 

 

 

   

         
         
 
 

 

TOPへ戻る