資金計画と土地探し


【お家づくりって何からはじめればいいの?】
 
『子供も生まれたし、
 そろそろマイホームを考えてみようかな』
『やっぱりマンションよりも、
 広くて気持ちのいい一軒家に住みたいなあ』
 
そう思われた時、皆さんはまず何からはじめますか?
雑誌やインターネットで情報収集をしたり、
見学会に参加してイメージを固めたり…。
そんな方がほとんどなのではないでしょうか。
 
もちろんそれも大切です。
しかし情報を集めやイメージ固めに終始してしまうと、
具体的なところは何も進まず時間ばかりが過ぎてしまいます。
また、先に理想のお家像ばかりを追ってしまうと、いざ建てるぞ!という時になってから、
今のお財布事情では厳しいです、なんてことになってしまうかもしれません。
あれを諦めこれを諦め、では家を建てる前からがっかりですよね。
 
ではおうちづくりをするうえで、大切なことはなんでしょうか。
それはまず『あなたのお財布事情をはっきりさせること』です。
 
買い物をするとき、あれもこれもとカゴにいれてしまったのでは
とんでもない金額になってしまいますよね。
今日使えるのは○○円まで、なんて大体の予算があると思います。
お家づくりもこれと同じで、予算の中でなるべく
あなたの希望に沿うよう取捨選択しなければなりません。
そのために、まずあなたのお財布事情を知ることから始めなくてはならないのです。
そして無理のない買い物のできる予算を把握し、その予算内でお家づくりを行います。
この『予算の把握と必要な資金の調達、
そしてその返済までの長期的なプラン』を資金計画といいます。
成功する家づくりのためには、早い段階で資金計画をおこなうことが大切です。
 

【とっても大切な資金計画】
資金計画をするうえで考えなくてはならないことは
大体こんな感じです。
・どんな家が欲しいか。
 その家を作るにはどれくらいの金額が必要か
・土地にかかる金額は?
・建築代と土地代以外に必要な諸費用は?
・自己資金はどれくらい?
・自分たちにあった住宅ローンは?
・どれだけ借りるのか。
 無理なく返済できる返済計画は?
 
特に注意してもらいたいのは、必要になる諸費用です。
お家づくりには、建築代と土地代以外にも、税金や手続きの諸経費、水道の設備など、
たくさんのお金が必要になってきます。
車を購入する際も、車の代金以外にオプション工事や税金などの金額が上乗せされ、
100万円の車を手に入れるのに、130万も150万もかかった、なんて話がよくありますよね。
 


この写真は住まいる館で使用している資金計画書です。
たくさんの項目があるのがおわかりいただけますか?
お家づくりにはこのようにたくさんの諸費用が必要になってきます。
けれどもこれらひとつひとつの費用を算出することで、
お家づくりに必要な金額がかなり正確にわかるようになっています。
お家は一生に一度の大きな買い物。
請求されてから『こんなにかかるなんて思ってなかった!』なんてことになっては困りますよね。
そのためにも、早い段階でしっかりした資金計画をたてることが大切なのです。