スタッフブログ

樹脂窓がなぜいいのか?どのくらいいいのか?解説!!
2017-12-19
こんにちは。安藤です。
 
今日はメーカーさんに樹脂サッシのお話をききました。
 
最近住まいる館でも採用されることが増えてきています!
 
 
 
樹脂窓がなぜいいのか?どのくらいいいのか?解説!!
 
 
●まずなぜ樹脂窓がよいの?
 
 まず、樹脂窓は何?
 
   →窓ガラスの周りの縁の部分が今まではアルミ製が普通でしたが、
    
    その部分が樹脂でできているものを樹脂窓といいます。
 
  
      
 
    写真の白い部分が全部樹脂でできています。
 
 
 なぜ樹脂なのか?
 
   →家の中で熱が最も出入りするのが窓です。
    
    アルミサッシのペアガラスでは52%の熱が流出するのに対して、
 
    樹脂窓にするとそれが半分以上の20%ほどになります!
 
 
    というわけで熱の流出が多い窓に注目して断熱対策をするのは賢い選択ですよね。
 
 
 
 ●樹脂窓はどのくらいいいの?
    
  1、熱を伝えにくいので冬の結露の発生を抑えられます!
 
    結露でおこるカビなどの心配もなく健康的なお家になります。
 
 
  
  2、エアコンを停止しても夏涼しく!冬は暖かい!
 
    エアコン停止後の室温変化の実験で、樹脂窓はアルミ複層ガラス窓に比べて、
 
    夏は約2℃涼しく、冬は約4℃暖かかったそうです。
 
    快適に暮らせて、かつ光熱費の節約も期待できますよね!
 
 
 
  3、冬の体感温度アップ!
  
    冬は暖房をしても、壁や窓などが冷えていてそこからの冷気を感じて
 
    なんだか体感温度は寒い、、、。という経験ありますよね。
 
 
    熱を伝えにくく窓自体が冷えにくい樹脂窓なら
    
    アルミ複層ガラス窓に比べて体感温度が2℃アップするそうです!
 
    これはセーター1枚着た暖かさに相当するそうですよ!
 
 
    
 
    これは去年の真冬の完成見学会でわたしも体感しました!
 
    最高気温5℃くらいの寒い日の完成見学会でしたが、
 
    樹脂窓のお家だったので、なんだかいつもより暖かく感じましたよ。
 
 
      
 
 
 
こうして書いてみると樹脂窓すごい!!
 
ほしくなってきました。
 
 
 
新商品「さわぽか」では樹脂窓のトリプルガラスが標準仕様になっています!
 
今後樹脂窓はどんどん主流になっていくと思います。
 
ぜひ、ご検討のひとつに樹脂窓いれてみてくださいね。